*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっちゃんwww


今日1時ごろに寿司屋行ったら

寿司握るおっちゃんに話かけられた。どうやら覚えられていたらしい。
行ったの2回目なんだけどなwww


やはり女子高生が独りで寿司屋なんてめずらしすぎるのだろうか。

話が長いからお茶2杯も飲んじゃったし
寿司は4皿くらい食べたし
とりあえずカレイのえんがわとサーモンとアジは欠かせねぇ
おいしすぎるww







つまんで言うとこんな感じ
なんか異空間過ぎて印象に残りすぎたw




 カレイのえんがわとアジお願いしますー

この前も来てましたよねー
 おんなじ場所に座ってましたねw
よくここにくるんですか?
 いや、夏の間だけしか浜松に住んでないのでそこまで来ませんよ

学生さんですよね?
 はいー、高校生です
高校生か・・・いいですね、楽しいことたくさんですよね。
私服しか見れないから制服姿も見たいなぁ
 制服姿は難しいですねw海外に住んでるのでw(←これがいけなかった)



ってなかんじでサッカーゆうしょうおめでとうございます
あー それ皆に言われますw

そしてなぜかおじさんはコイのえずけの仕方とか
かわせみがみれるスポットとか
よく健康のためにサイクリングをすることとか
おじさんはここの職場にきて1年しかたってないけど
ここは自然がたくさんあるし街もちゃんといろいろ整ってるし
いい場所だとか
とりあえず雑談としか呼べないような話を繰り広げてました。

途中で他の客がおじさんの目の前に座って
おすしを注文。
握ってる間も話しかけられる僕←
握ってる間はせめて話すの辞めようよって言う話wwww



15~20分寿司食べ終わった後はなし続け
やっと店を出る。

会計のお姉さんに
このモールのお店の関係者さんですか?にこっ  ときかれ
え、いえ。。ただの客ですが←
としか答えようが無くて笑いそうになった。

私と話してるとき、客がお勘定してお店出るときなんも言わなかったおじさんが

私にはにこやかに手を振ってきて反応に困った。
カレセンの人たちはこういうのにもえるのかそうなのか
まぁ娘のような感じで向こうも話してたんだろう。
いいよいいよこんな変人でよかったら話し相手くらいするよ

でもまぁおじさんとりあえず仕事しろwwwwwwwって話です




んで旅行用のお金下ろしてー
寿司だけのためにモールいったなんてつまんないから
服を物色
そしてちゃっかり2着も買った。セール旨すぎでしょうw 
あのボーダーのテーラードジャケットは
どうやって着合わせればいいのか理解不能だけど
とりあえず可愛いんだよ。
さりげなくポケットのところについてるリボンの刺繍とかさ。。
ボタンとかさ。。
折り返しの綿レースな生地とか半端丈な袖とかギャザーが入ってる襟とかね。。
げふんげふん。とりあえず可愛いんだよwwwwww
まぁ横ボーダーはね。太く見えるんですけどね。


もう服は要らないとあれほど自分にいいきかせてたのに。。。。。。。。
黒いショーパン欲しいけど家にあるんだよね。
まぁ要らないかな。




まぁ
もう寿司はいいから街の地方銀行の近くにあるちっさい天丼やさんにいきたいお
1000円の定職で
目の前で揚げてくれるよ!うまーだよ!
卵とかてんぷらにしてくれんよ!
油に手つっこむよ奴らは!パフォーマンスだよww

お昼時に入ったら
定職でいいね!!111っていわれるんだよww
おまwww他のチョイスさせろえwwwww
おばちゃんぱわーありすぎて裏山www


てんどんとりあえず食べたいwwww









あーおなか減ってきた。
くそでしょもう。ご飯の話とか。
完全にとけた板チョコしかないしw


 
スポンサーサイト

昔ながらの

中華そば(しょうゆ味)

とりあえずうまいwwww
大好きすぎて友達巻き添えにして1.5人前食べた私←
確実に太るwwww





最近暑いですね

日に当たりすぎてほっぺたの皮膚が痛いですハイ←



まぁこんなとこかなー

前書いたクモさんがまたトイレにすみついている。
こころなしかお腹がおっきくなったような・・・

観察はほどほどにしておきますよw



さぁ明日も図書館いこーw
勉強はかどりすぎるから笑えるwww





第三章-敗北




我が家にクモがたくさん出るのはもう皆知っていることだろう。
アシタカグモの一種で、全長七センチほどある大きいクモだ。
祖父母にはクモは益虫だから殺さずに家の外にだしてやれと
常々言われていたが
あまりにもチキンなので
クモも足が速くジャンプするので捕まえられずにいた。
前からトイレに居るのは知っていたし、夜行くと必ず壁にはりついていた。
だが何かしない限り動かないのでそのまま奴らの事は放置していたのである。


そしてまたおとつい、ゴキブリがトイレの前に出た。
またしても午前四時。天井にクモが居てずっと眠れなかった私に
また新たな衝撃を与えてくれた。
先日のものとは違い、これ以上成長しないだろうというほど
大きく、黒光りしているモノだった。
種類は大和ゴキブリだろうか。
見詰め合っていた間、ヤツは触覚をひっきりなしに動かし私の思考を
よんでいるようにも見えた。
そろそろ飛んでくるかなと思い下を見る。
にらめっこゲームなような状態が続いていたが、また勇気を振り絞って
敵を見据える事にした。
しかし
視線をそらした瞬間ヤツはもういなくなっていたのだ。

その日は自分の部屋に帰り、普段閉めて出るトイレの引き戸を開けっ放しにして
(このとき自分はクモに何かのキボウを抱いていたのかも知れない。)
寝ることにしたが、案の定なかなか寝付けなかった。
すこしだけ不安をやわらげるために何も入っていないゴミ箱にゴキジェットを吹きかけたが、
何か効果があったのかは定かではない。


そして翌日。
朝またトイレに向かう。
トイレの引き戸の前に、なにかが落ちている。
目が悪い私は枕元においてあったメガネをとりに部屋に戻り、
それがなにかを確認した。

トイレの前には、ばらばらになったゴキブリの死体が落ちていたのである。
羽一枚、足二本と頭、それと1日前までは1つの生命体の一部だったであろう破片が
無様にも散乱していた。

そう、世間ではゴキブリが生命の完全体といわれるが、
ヤツらでも人間以外に敗することがあったのだ。


自分が戦わずに、そして人体に有害な物質を使わずに殺してくれるのはとてもありがたい。
が、そのゴキブリを殺す過程で足や胴体についたヤツの体液がクモによって家中に分散されると
考えると気持ち悪すぎるのである。


私の足の裏にもヤツの細胞の1つくらいはくっついているかもしれない。
そう思うと今夜も寝れそうになさそうだ。






ってとこです。

最近冷房に頼ってるから
外出て自転車こぐと頭痛がする。
やっぱりエアコンやめたほうがいいのかなー
寝やすいのはねやすいし窓開けなくていいから虫ちゃんはいってこないんだけどな

どうせ昼喚起するからはいってくるのかもしれんけど。




ところで今日男2人で2ケツしてるひとたち
みました
おねぇさんおなかいっぱいだお^ω^


あとバスのってたら
たぶん中学2年くらいの男の子2人が座ってて
なんか
なんていうか 密着してた←
頭よっかかってたり
腕を肩にまわすわけじゃないけど
受くんの後ろにでれーんってしてたり
髪さわったりね

なにこれ現実?っておもたww

もうしんでもいい←





なんか水分取りすぎてはらいてぇ


明日も図書館麻から行こうかっなー

キラッ☆





第2章-追悼

第一章だけでおわってるんだけどっていわれたので
短く続き。
みんなもう知ってるしっていう。←






全ては某ドラッグストアで購入した2つの利器により事は収まった。


バル○ンを撒き空気の入れ替えを夜中にしておいた。
そしてむかえた水曜日の朝-

ヤツは現れた。
床の上で仰向けになり横たわっている。
遠くから見る限りもう死んでいるも同然だった。
そっと近づきどうやって処理しようか考えている途中、
ふと目にとまった何かの動き。

そう、ヤツはまだ息をしていたのである。
身体は動かせないが触覚を元気に動かし、足を必死にばたつかせ
まだ生きようとしていた。

私は無常に買ったばかりのゴキジェットを吹きかけた。
一回では動きは止まらない。

そのしぶとさに恐怖を抱きつつも
もういっかい、今度はもう少しちかくから吹きかけた。

私の静かな、世間的に見て特別な価値は何も無い
勝利が部屋中に漂った。


そのあと死骸を処理できずに数日隣の部屋に放置していたことは
すこし大目に見ていただきたい。







さぁ何の面白みも無い話が終わったぜ。
2章だけっていうw
また出たらつづくかもしれんけど
続かないことを祈るぜよ・・


とりあえず眠いので寝る
明日も晴れるなこりゃぁ。。。
えびすびーるうまかった。



午前6時にちゅっ☆←


まいしてるぉ!



第一章-出会い

それは突然現れた。


7月14日午前4時07分。じっとりとした暑さで目を覚ましつつも、
布団の中でまた寝ようと試みていた。

そう、その時である。昨日から感じていた違和感がまた私を襲った。
不自然な物音、そしてそれに反応して不自然に硬直する自分の体。
本能とはこういうことを言うのだと悟った。

昨日は、もしかして、という疑心をもちつつも、
まさか、まだ7月だしありえないよ、とそう思った自分を笑っていた。

しかし事は起こったのだ。
そう。1週間前から放置していたアップルパイ。
特に美味しいというわけでもなかったのでゴミ箱に捨てておいていた。
それは1週間放置されたまま、だんだん他の物も加わり
いっぱいになってきたものだった。

闇に包まれた虚空を見つめながら音源がどこなのか探り当てようとしたが
それは難しく、結局電気をつける事となった。
目に映ったのは寝る前に見たいつもの部屋。
若干ちらかっているがそれは今問題ではない。
そう。一番怪しいゴミ箱をしばらく、私は微動だにせず凝視していた。

-そのときだ。不自然な音がまた一瞬聞こえたのである。

それと同時に私は見てしまった。
アップルパイにありつこうとしていた1匹のピーーーーを。


私は何もできなかった。ヤツが動くたびに、あの音を聞くたびに、
身体に虫唾が走り、体中が粟立った。
我が家には秒殺スプレーなどというものは無い。
祖父母はワイルドな生活を送っているので彼らはハエタタキで挑むのだ。
しかしそれは私には無理だった。
それに、時間を考えると助けを求めに起こしにはいけなかった。

私がとった最善の行動とは、
寝る部屋をかえることしかできなかったのである。
今までこの話題で散々友達をバカにしてきたが、今はその行為を恥ずかしく思う。
私はソレを殺せもしない、
ちっぽけな勇気のかけらもないのだから。


はたして彼はおいしくアップルパイを食べているのだろうか?
もし、あのまま寝ていて、背中に張り付いてきていたらどうしただろう?


今は、そんなことしか考え付かない。まして、殺そうとしようものなら
私めがけて羽を広げそうな勢いだった。
まだ中くらいのサイズなヤツは元気旺盛ですばやく動いていた。
こんなこと思い出すだけでまた眠れなくなりそうだ。



今日、私は万能なスプレーを買いに行こうとおもう。
友人の助けもあり今はすこし落ち着いてきた。
外は朝日で照らされて、小鳥が鳴いている。
それも私の緊張をすこしほぐしてくれた。



また、なにかこの戦いに進展があったら、みんなに伝えたいと思う。
なぜならこれは誰でも一度は経験する苦悩だからだ。


憎しみと憎悪が織り成す、悲鳴の混在した無秩序なカオス。
そう、それこそが夏の1大イベントと言えるのではないだろうか-








ってことでもうごきちゃんのせいで眠れないので
時間つぶしにラノベもどきもどき風にダイジェストしてみた。





まぁ一言で言うと


この家出たい、気持悪い


です。






もうやだ日本。
ごきぶりとか何で生息してるわけ?
本気で泣きそうになったし
1年ぶりに見るショックははんぱないです
だって免疫が完璧になくなってるんだもん
恐ろしいっすよホントに。




多いなー来週

どしようか。。
引きこもるしか;;

やること無いよくそwwww



ゲームでも買おうかしら
本体もいるんだけどもどうしよう←

今日の出来事

まぁにほんつきました。
それはおいといて。

今日自転車盗まれました

鍵こわれてたんだー・・・
でも盗まれるとは思わないよねー・・・


以上。

暑い。死ぬ。
明日てんきになあーれー

プロフィール

あいれん

Author:あいれん
絵と日記メインで書いていきます
絵は腐ってたり腐ってなかったり。
最近は絵あんまかきません;

あいれん:
腐女子。?
半分足あらいました
 ル/ルーシュ 銀/魂 りぼーん 
 その他諸々大好きです(^ω^*)
 +最近はなんも腐ってません(°ω°;)
  アニメも全く見ませんCDも聞きません
  でもマンガは読んでます 少女マンガをぱらぱらと。


最近テイストが一人歩き。
フリルにレースに花柄見てもときめかない。おかしい。
なんかシンプルでせんたっきに直接ぶちこめるやつを探している。 
だって手洗いとか一生しないと思う。シフォン生地は私の敵。乾燥かけられないとかなめてるの?
 
音楽 
かたよりまくり
妖精帝國 アリプロ  yasu(janne da arc/ ABC)
メインで 
最近はボカロも
メジャーな洋楽とかも聞きます
寂滅フレアー(・ω・´)!

最後に*気が向いたら絡んでやってください('ω`

            -藍蓮-

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。